本文へスキップ

グリーン・ツーリズム情報 〜 郡山ふるさと田舎体験協議会

農村生活体験

※これらのプログラムは、学校教育旅行等の団体向けとなっております。
 各プログラムとも料金は1人当たりの金額で、最少催行人数は、おおよそ5人です。
 詳細は、お問い合わせください。


農村生活体験とは?

●農家1軒当たり4〜5人に分かれて宿泊し、
 宿泊農家の家族になる、
 農村生活ありのままの体験です。
 家族の一員として農作業を手伝い、
 野菜を収穫して食事を作ったりします。

●宿泊する農家では、
 子どもたちをお客さんとしてもてなすのではなく、
 家族の一員として受入します。

●ありのままの生活体験なので、
 安全を考慮した上で、雨天でも農作業を行います。

●体験内容は季節や天候、宿泊する農家によって異なります。

※市内には、公共施設の宿泊施設が3か所あり、両方に宿泊するプランも提案できます。




@農作業やお手伝いをしながら、
 地域の人たちと自然に触れあうことができます。

Aイベントではない、本物の生活体験です。
 そこには新たな発見があります。

B毎日食する食べ物が作られている現場で実際に農作業することで、
 食べ物や自然の大切さを知ることができます。





ふるさと体験

ふるさと体験プログラム

●ひょっとこ踊り
面をつけて面白おかしく踊る約200年前から伝わる本市の郷土芸能です。
この体験では、お面の絵付け体験とひょっとこ踊り体験をします。

■料金:(未定)
■期間:通年
■時間:120分

●だんごさし
だんごさしは、農村地域の各家庭で今も行われている正月行事です。だんごさしの飾りになる団子を作って、木の枝に飾ります。だんごの飾りが終わったら作った団子をみんなで食べます。

■料金:1,000円
■期間:1月上旬〜1月下旬
■時間:120分
●安積疏水の歴史探訪
明治初期、奥羽山脈にトンネルを掘り、猪苗代湖の水を郡山(安積平野)に導きました。それが郡山発展の基礎となったことや、先人の知恵と労苦の足跡を訪ねます。


■期間:通年
■時間:120分 

郡山ふるさと田舎体験協議会

連絡先
(福島県郡山市農林部農業政策課)
福島県郡山市朝日1丁目-23-7
TEL.024-924-2201
FAX.024-938-3150
<対応時間>
8:30〜17:15
(土日祝祭日を除く)

E-mail:
nougyouseisaku
@city.koriyama.fukushima.jp

ホームページアドレス:
http://www1.to
/koriyama-inaka-taiken